カラコン 大きさに注目して買おう

カラコン 大きさに注目して買おう カラコンといえばカラーバリエーションが豊富で、商品を選ぶのは色が中心になると思われがちですが、実際にはそのほかにも考えておきたい事がいくつかあります。その一つとしてあげられるのがカラコンの大きさです。大きさ一つで印象が変わったり、つけ心地に影響しすることもあります。当サイトでは、カラコン 大きさに関する情報を紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。

カラコンは一般的なコンタクトレンズと同様に、大きさの違いがあります。購入するときには大きさに注目しておく必要があるのですが、その理由として、大きさ一つで顔の印象を大きく左右する事となるからです。人によって目のサイズが異なりますが、それに応じてカラコンの大きさを選ぶという事も重要で、この大きさについてはDIAといわれる数値をみて確認する事ができます。これはカラコンの直径を表す数値になりますので、目の大きさを測り、適したカラコンを購入します。

カラコンの大きさは顔の印象を大きく左右しますが、これは着色直径も注意しておくようにします。着色直径とは、カラコンの色がついている部分の範囲をしめしているのですが、この範囲によって目が大きく見えるかどうかというのが異なります。また、フチがはっきりしているのか、あるいはぼんやりとしているのかという事によっても印象は異なります。目を大きく見せたいのであれば、サイズの大きいカラコンを使用した方が良いように、目的に合わせて商品を選びます。

サイズ選びが重要といっても、どのくらいの大きさのものを選べば良いのか、基準がわからなければ購入のしようがありません。そこで、カラコンには可愛く見せる為の黄金比というのが存在します。これは白目と黒目の割合を示すものなのですが、この割合に当てはめるサイズのカラコンをつける事によって、目の印象を良くする事が可能です。大きければいいというものではないので、カラコンを買う前には自分の目のサイズを測る事と、黄金比を把握しておくようにします。

サイズも大切ですが、カラコンを買うときには目のカーブも知っておく必要があります。目のカーブに合ったカラコンを使用しないと、カラコンをつけたときに違和感を感じたり、簡単に外れてしまったりする原因になります。カーブについては自分で調べる事が出来ませんので、眼科で検査してもらうことで知ることができます。そのサイズを元に、初めてカラコンが購入できるのです。

最新ニュース